TopPage
 ダイアグノデント

歯の中の虫歯を判定するレーザー照射型虫歯診断機
定期検診で虫歯のチェックをする際に、本当に必要な処置をする為に適切な診断が重要です。

基本的には目視とレントゲン、更にダイアグノデントでの診断と合わせて最終的に処置を行うか決めます。

この機械は単に虫歯を探りあててより多くの治療を行うものではありません。

例えば目で見て虫歯のように見えても、ダイアグノデントで反応が出なければ、そのまま経過観察するケースも多いです。

基本的に虫歯とは歯が柔らかくなった状態を指すので、黒くなってても硬ければむやみに削る必要はないのです。

ダイアグノデントは歯の中に柔らかくなってる部分があるかレーザーで判定します。

特に見えない歯の間の虫歯などは、目でみて黒っぽくなってるという理由だけで削る事はよくありません。

しかしながら放置する事で重症化させては何の為の定期検診でしょうか。

虫歯一本治療するにあたっても、人の体にわずかでも損傷を与える行為ですので、勘や経験のみではなく、最善の診断方法で取り組む事が歯科医の義務と考えています。
Copyright (C) 2006 medical Corporation ixi. All Rights Reserved.